Simple Site

言語聴覚士の転職

言語聴覚士 年収アップの方法

言語聴覚士として働いている知り合いがいるのですが、一緒に飲みに行くと、結構な確率で給料が上がらない話をしています。

私と同じ年ですから、40歳なのですが子供達の教育費、習い事、将来の大学費、まだまだ続く住宅ローンの返済、日々の出費、そして上がらない小遣い。。

まあ我が家も決して楽ではありませんが、話を聞いているとなかなか大変さが伝わってきます。

管理職にならない限り、収入アップはあまり期待出来そうにない、ということなのですがその目(管理職への昇進)が今の職場ではあまりなさそうで・・・。

そのため、ある程度キャリアを積んだ同僚、先輩は割と転職していってしまうのだそうです。

転職する事でキャリアアップを図ったり、新たに経験を積んで管理職を狙うといった事のようです。

思い切って地方へ単身赴任という人もいたみたいです。
人材不足の地方は、給与も高い場合が多いですからね。

医療職の場合、地方は基本的には様々な専門職が人手不足。

言語聴覚士も求人ニーズはありますよね。

今の職場ではまた先輩が一人辞めるそうで、負担ばかりが増えてくるとぼやきも・・・。

それなら昇進出来そうなものですが、肝心の管理職の上司はずっと辞めていないため、ポストが空かないみたいです。

定年までもまだまだあるそうで、ちょっと自分も(転職を)考えようかな・・・と迷っているみたいです。

高給与 言語聴覚士 求人

言語聴覚士が少ない施設は、キャリアアップしやすいそうなんですね。

今の経験を活かすことが出来て、比較的、新しい施設でまだ言語聴覚士が揃っていないような職場。

こうした所を探してみようかな、という話もしていましたね。

私は知りませんでしたが、言語聴覚士の求人を専門とした転職サイトもあるんだそうです。

転職サイトって、かなり職種で細分化されているんですね。
妙に感心した事を覚えています。

最初から言語聴覚士の管理職求人が見つかる事もあるみたいで、真剣に検討中みたいです。

転職って大変さもありますが、キャリアアップのチャンスは確かにあると思います。

一般的には転職によって年収が下がる事が多い、と聞いていますので、焦らず転職活動をしていって欲しいなと思っています。

記事一覧